スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

タグに関連性求めんの、やめれ。(かわいい妹に向けて。)

やあ、かわいい妹。風邪は治った?
今日はきみにちょっとした話があるんだ。心に留めおいてほしい、ささやかな注意書きってやつだ。
まずイメージして欲しい。ここに、中肉中背の成人男性がひとりいるとする。 彼が、「ぼくはピンク色が好きだ。」と言う。
さて、そこから読み取れる情報はなんだろうか? それは、つまり、、、、、彼がピンク色が好きだということ《だけ》。



どうだろう、ずっこけたかい。
そんなの当たり前だとおもうかな?おいおい、おちょくってんのかって?
でもさ、これじつはそんなに当たり前のことじゃないんだよ。忘れがちなことなんだけど、ここで大事なのは、彼がピンク色が好きだってこと以外、なにひとつ明確になってない、ということなんだ。
きみも目にしたことがあるだろうが、たとえば男性がピンク色のシャツを着ていたら、その事実をもとに好き勝手な推測をするひとってのが、けっこういるんだな。この世界には。 つまり、あんな格好をしてる=あいつはゲイっぽい。とかね。そんなふうな憶測を立てられることが、まあよくある。
実際のところ、(ほんとうに大事なんだけど伝わりづらいから繰り返しいうけど。)
シャツの色とその人のセクシュアリティに、関連性はない。
ピンクシャツの同性愛者もいるし、ピンクシャツのヘテロもいる。 逆に、白シャツのヘテロがいて、白シャツのゲイセクシャルも、いるよね。そりゃさ。
きみは聡明だから、わざわざこんな説明をする必要はないかもしれない。 だけど、この世界にはこういった種類の、ムダで勝手な決めつけが予想以上にあふれかえっていてね、それは時として人をどうしようもなく疲れさせるんだ。 (正直いって、お姉ちゃんはけっこうヘロヘロだ。)
きみにはどうか、こういった事柄に自覚的でいてほしい。そして、巻き込まれないように、慎重になってほしい。
この『当たり前のようになされる慣用句的憶測』以外の選択肢を知っておいて欲しいと、おねえちゃんは切に思うんだ。
この勝手な憶測は、気づかないうちに自分自身をしばりつけたりもするものだから。


最後にこの『ありふれた憶測』の一例を挙げておこう。
知っての通り、お姉ちゃんはバイセクシュアルだ。それをそとで人に話すと結構な確率で、だからそんなボーイッシュな格好なんだね!といわれるんだ。けれどもね、ボーイッシュな格好だからバイセクシュアルなんじゃないし、バイセクシュアルだからボーイッシュなんでもない。 …

最新の投稿

ノーマティビティーあるいは(無知がもたらすあるべき不可思議)

マサキチトセさんの講演会in浦和 (いろいろなひとに向けて)

アートとは (独り言)

返礼(かきなぐりメモ。明日からの自分にむけて)

くじらが好き(自分に)

純粋な夏休み(自分に)

アルコールより人生を愛そうと思った。(アルコールさんに。自分に)

愛は惜しみなく奪うらしい(嗜好。自分と友人にむけて)

脳にほどよい運動を与える夜(ひとりごと)

葦青(書評)