スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ノーマティビティーあるいは(無知がもたらすあるべき不可思議)

あらためまして、『無/有徴』のハナシです。

さて、ふつうってなんでしょう。じつのところわたしは小さい頃から「ふつうってなんやねん」と思い疑い、確信も持てぬままになんとなく「ふつう」というコトバと暮らしていましたが、みなさんいかがですか。

ふつうってなんなんでしょう。

さいきんオボロゲにわかってきた世間のいう『ふつう』とはつまり、「あすこのお宅って◯◯なんだって。」「へえ、たいへんねえ〜」といわれずに済む状態 のこと、みたいです。
言い方をかえるならば、『ふつう』とは、『マジョリティ側に属すること』です。



それすなわち、「ひきこもりでなく」「障害者でなく」「外国籍でなく」「売春婦でなく」「被災者でなく」「LGBTでなく」「貧困層でなく」「機能不全家庭でなく」。。。。『あらゆる◯◯ではない。』それがふつう=マジョリティであるということです。
『あらゆる面において◯◯でない』すなわち『無徴』(しるしがない状態)。



先日のマサキチトセさんのハナシにあったnormativityノーマティビティとは、規範(ノーマル)以外を周辺に追いやる構造です。そしてそれは同時に、◯◯という属性のひとに対して「あ、◯◯の方ですか。恐れ入りますがこの道は通行止めです。」と釘を刺し、みえない階段と壁をどんどん作っていく、そんな世の中の構造のことだとおもいます。ちょい昔のコトバでゆうとこのレッテル貼りってやつでしょうか。


そしてあえて、わたし風に解釈するならばノーマティビティとは、『あるべきふつうを目指しましょうゲーム」です。(マサキさん、どうでしょう。この理解で合ってるでしょうか。)

そう仮定するとノーマティビティーたるもの本質が見えてくる気がします。がそして同時に疑念が浮かびます。
だれかに決められた「あるべきふつう」を、なんのために、どんな過程を踏んで、だれがやらなくてはならないの、、、? 、、、、わたしも参加者?


とマサキさんの講演の後、ここまで考えたときふと思い出したのが上の動画です。(前フリがながくなった挙句説明が遅くなってしまいました。申し訳ない。。)

これは海外のテレビ番組『Hole in the wall』というやつ。
ステージに現れた抜き型にポーズを合わせて、通り抜けるバラエティ番組です。(もとはとんねるずの番組コーナーが海外で流行ったものだとか?知らんけど。)


わたしの解釈…

最新の投稿

マサキチトセさんの講演会in浦和 (いろいろなひとに向けて)

アートとは (独り言)

返礼(かきなぐりメモ。明日からの自分にむけて)

くじらが好き(自分に)

純粋な夏休み(自分に)

アルコールより人生を愛そうと思った。(アルコールさんに。自分に)

愛は惜しみなく奪うらしい(嗜好。自分と友人にむけて)

脳にほどよい運動を与える夜(ひとりごと)

葦青(書評)

バーで勉強(覚え書き)